「ブラウンコーディネート術」「子供が好きな色」「なぜ黒が好き?」パーソナルカラーお客様とのお話

吉崎恭子ブログ

東京新宿のパーソナルカラーサロン・フェリーチェでございます。

今回は日々お客様との会話の中で出た《色についての印象的だったお話》をブログで取りあげてみようかなと思います。

特に深い話でもないのですが、私がカラーコンサルタントだけに、少しでも”色彩”についてお話がでるとつい会話が弾んでしまいます。

色彩と言っても「好きな色」や「似合う色」などいろいろなパターンがありますが、それではまずは「好きな色」について印象的だった会話のご紹介から!

色の好き嫌いは幼いころから

パーソナルカラー診断でお越しになった保育士さんとのお話です。

先生は子供ウケを考えて、エプロンやお洋服を選ぶことが多いんだそうですね。

実用性はもちろん大事ですけど、子どもたちの反応はもっと重要なポイントなんですって。

そこで保育士のお客様は、ほぼ毎日《水色のエプロン》を身につけて子供たちと触れ合うそうです。

理由は「水色のエプロンを付けているから先生が好き!」といつも言われるから。

これを言うのがいつも”女の子”なんだそうです。

『ランドセルでも水色がよく売れているけど、女の子はホントに水色が好きなんですよね~』ともおっしゃっていました。

水色=空色/自然

本当にその通りですよね。TDLのWEBサイトなどでも水色がちりばめてあるデザインでお子様にも向けたサービスアピールが感じられます。膨大な色彩データから色を選び出すことを徹底している企業でも使っている水色。

水色=空色/自然を感じさせる色合いは子供たちに愛されるんですね。

またその反対に子供たちから「その色キライ!」もよく起こるそうです。エスニック調、エスニックっぽさを連想させる深めの色合いのアースカラーなどにはちょっと嫌悪な反応をする子供が少なくないんだとか。たとえばターメリックのような色。

「コワイから着てこないで!」と。これはよく男の子が反応するそうです。

子供の色に対する反応はとてもストレートですね。それだけに視覚から受ける効果がすごく本能的なお話だったので、とても印象に残りました。

ちなみに保育士さんなどお子様相手のご職業の方は水色がおすすめというのは色彩効果からみても正しいかもしれません。

 

好きな色にも意味が?

今度は大人のお話です。

先日、ペア診断でお越しのお客様2名様から

わたしは黒色が好きなんですけど、つい選んじゃうには何か理由があるんでしょうか?と、こんな会話がございました。

いわゆる「色で診る性格診断」的な感じですよね。”本来お持ちの色”や”お似合い色”を診断していく「パーソナルカラー」とは直接関係しているわけではありませんが、《好きな色の心理》も学んでいるのでとても興味深く考えています。

好きな色の心理

『好きな色はお客様の内面(性格)をあらわすと言われ、その時の心理が大きく影響しているはず。例えば好きな色がたくさんあるタイプでも、特定の色をみた時だけ頭の中にいろいろなアイディアが浮かぶようになるとか…』

といった感じでお客様との会話も弾みました。

お話では、その方はいつも黒が気になって選んでしまうそうで、無難だからという感じではなく好きな色として意識しているそうです。

黒を好むタイプ

黒を好むタイプ/傾向はこのように言われています。

★黒が好き/黒が気になる女性は、意思が強く志の高い方、意志表示をはっきりされる傾向があると言われています。

ちなみにもうお一人のお客様はベージュがお好きだそうで、

★ベージュが好き/ベージュが気になる女性は、堅実な性格の持ち主で忍耐力があるタイプとされています。

このように無意識に『好き』と思っている色にも、好きな意味・心理が影響しているんですね。あなたも最近で一番気になった色を思い出して、意味を調べてみてはいかがしょう!

 

ブラウンと似合う色

最後は色の合わせ/カラーコーディネートについてお客様との会話からです。

このところ、パーソナルカラー診断のお客様から

ブラウンはどの色と合わせて着るのが良いのですか?と質問されることが続いたため『コーディネートが難しい色なのかな?』と、とても印象に残りました。

ブラウンコーデパターン

まずコーディネートにおいて一番失敗しないのは同系色コーデになります。最近はワントーンコーデなどと呼ばれることも多いですよね。「近似色/似たような色で合わせる」ことを指しています。

【引用/参照:zozotown】

まずはこれをベースとして少し変化を持たせる場合は、トップスにブラウン、ボトムスには濃いめの別色パターンを。

今年らしさも取り入れるならグリーンのボトムスもブラウンとマッチしますよね。深みのある緑が特におすすめカラーではないでしょうか。

【引用/参照:zozotown】

 

もう1パターンとしてはピンク系とのコーデを。ベージュに近い色~茶色のトップスで可愛らしくまとまります。

【引用/参照:zozotown】

ボトムスにブラウンやキャメルのパターンでは赤や濃いピンクがおすすめです。

【引用/参照:zozotown】

ブラウンコーデはある程度カジュアルな雰囲気を演出してくれますが、ホワイトとの合わせを意識されるとキレイめな雰囲気も楽しめますよ。

偶然続いたご質問でしたが、やはりブラウン/茶色をベースにしたコーディネート術はニーズが高いのかもしれませんね。これを読んでくださっている貴女も似合う色&色の合わせ方にご興味あおりでしたら、ぜひパーソナルカラー診断へお越しください。

2017年2月追記:

再春館製薬サイト『ウレハダ』に記事掲載

ドモホルンリンクルで有名な「再春館製薬」様が運営するビューティー系サイト『ウレハダ』内で、 当サロン代表・吉崎の文責・監修のパーソナルカラー記事がアップされております!

http://www.urehada.com/20170209/5533/

女性の美肌・健康をテーマとしたような情報がギュッと詰まったサイトです。

カラー以外でも面白い記事がたくさん!個人的に興味深かったのが「O脚X脚改善」の記事!

こちら

思わず『へぇ~!』となる楽しい記事が満載です。

 

最近は情報記事の信ぴょう性がいろいろと言われておりますが、こちらのサイトではかなりしっかりとお打合せを行い、何度もチェックをしてから掲載していただいております。

パーソナルカラーについて文字数が限られた中ではございますが、完結に正確に書かせていただきましたのでぜひご一読ください!

記事はこちら

~うれしいお肌 ずっと続く~ウレハダ公式サイト

あわせて読みたい

関連記事

  1. パーソナルカラー診断を受け直す価値って?【アイシャドウや口紅…

  2. 吉崎恭子ブログ

    《パーソナルカラー診断》ゴールデンウィークや夏休みは全国&海…

  3. 吉崎恭子ブログ

    北海道北見からパーソナルカラー&骨格診断のお客様ご…

  4. 吉崎恭子ブログ

    「季節感」は美人の条件?!|パーソナルカラー☆フェリーチェブ…

  5. パーソナルカラー診断は和服和装・着物のご参考にも【フェリーチ…

  6. パーソナルカラー【夏タイプ/サマー】特徴は?似合うファッショ…